ブログ|小倉駅の歯医者・歯科ならかわばたしんご歯科

  • 北九州市小倉北区・かわばたしんご歯科・地図
  • 北九州市小倉北区・かわばたしんご歯科・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2020年2月3日

小倉駅周辺にある歯医者さん かわばたしんご歯科 院長かわばたです。

 

本日2月3日は、小倉歯科医師会より、津田新町友愛会の出前講演会の

ご依頼があったので、小倉南区の津田新町公民館までいってまいりました。

 

『オーラルフレイル(口の衰え)について』をメインに、睡眠時無呼吸症候群、

インフルエンザウィルスと今後、広がりが想定されるコロナウィルスの予防について

1時間ほど、話させてもらいました。

 

講演後、おいしいぜんざいをごちそうになりました。

加齢による身体の衰えについてお話をしましたが、津田新町友愛会の皆様が本当にお元気で、

少し場違いなテーマを選んでしまったのではと思ったほどです。

参加者の方は総勢約40名。出だし、ハプニングもありましたが、一歯科医師として、

お口の健康のヒントになるものをお伝えできたと思っております。

 

 

かわばたしんご歯科 かわばた

2020年2月2日

小倉駅周辺にある歯科医院 かわばたしんご歯科院長のかわばたです。

令和2年1月より院内勉強会をスタートしました。院内勉強会の内容を発信していきたいと

思います。皆様の、お口からはじまる健康づくりに、お役に立てれたら幸いです。

 

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

 

第1回は、1月31日(金曜日)。オーラルフレイル(口腔の衰え)についてでした。

 

老化とともに私たちの体は少しずつ衰えてしまいます。

衰えはじめると、

筋力の衰え → 基礎代謝 ↓  → 食欲 ↓  →  低栄養  →  筋力の衰え

と負のスパイラルとなり、ますます身体の衰えは進行してしまいます。

 

お口は、食べ物の摂取に直接関係する場所であり、フレイル(身体の衰え)の最初に表れやすい

場所です。

 

今回、一番、知っていただきたいのは以下の2点です。

まずは何かの兆候が表れる前に、お口の健康にしっかりと関心をもっていただきたいこと。

歯がなくなったのにそのまま放置、痛くないから歯医者さんにいかないではなく、

定期的な歯科受診をしていただきたいこと。

 

それから筋力低下において、まず関係するのはタンパク質の不足。積極的にタンパク質を

とっていただきたいこと。ただし、それにはご自身にあった栄養バランスを知っていただきたいこと。

ちなみに、成人の男性は年齢に関係なく60gのタンパク質が目標です。女性であれば50g。

積極的にタンパク質をとっていただきたいと思っております。

 

 

かわばたしんご歯科 かわばた

2019年10月18日

かわばたしんご歯科です。

ご覧いただきましてありがとうございます。
本日、ホームページを公開しました。
こちらのページでは、医院からのお知らせや、歯の健康のお役立ち情報などを発信してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。